オイル関連

車の冬対策にエンジンオイルの点検をオススメします!

DSCN4149

エンジンオイルは温度によって粘度が変化します。

寒さにより温度が低くなるとオイルの流動性が失われます。

固くなることで、エンジンの始動性が悪くなる恐れもあります。
この状態が続くと、バッテリーへの負担も大きくなってしまいます。

こうしたことを考慮し、冬場の外気温も考慮したエンジンオイルを選びましょう。

とくに冬場にスキーなどで寒冷地に出掛ける場合は、給油ついでに点検をおすすめします。

普段、SSやカーショップにオイル交換を任せているのなら、エンジンオイルの選択は問題ありません。

なお、オイルの粘度は「10W-40」などと表示されています。

この数値の場合、「10W」という、Wの前の数字が低温時の性能を示します。

数字が小さいほど、寒さに強いエンジンオイルです。

10Wは-20℃、5Wは-30℃でも粘性を保つことができます。

寒冷地に出かけるなら、10Wより数字の小さいものを選んでおけば、間違いないでしょう。

エンジンオイルの点検は、オイルレベルゲージを使って行います。

エンジンが停止中で、冷えている状態でオイルレベルゲージを一旦抜き取ります。

タオルで先端を拭き取って下さい。

もう一度差し込み、ゲージ先端の上限ラインと下限ラインの間に液面があれば、量は問題ありません。

足りない場合は補充か、もしくは交換して下さい。

※当店ではスタッフによるお声掛けは控えております。

必要な際は、気軽に声をかけてくださいませ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

  1. ブレーキトラブル
  2. IMG_3037
  3. line_img

カテゴリー記事一覧

  1. ブレーキトラブル
  2. p1 (1)
  3. heater_img
PAGE TOP