洗車・メンテナンス関連

鉄粉で塗装がざらざらしている!除去方法は?

IMG_2837

車塗装の鉄粉対策について

ここでは鉄粉について知識、症状について説明します。
付着しやすい環境や回避方法などの対策など。
コーティング車の鉄粉除去の方法、ネンドの使い方について解説。

車の塗装に付着する鉄粉とは?

車を洗車し、水滴を拭きあげていると何だかボディーざらざらしている。

そんな経験はありませんか?

じっくり塗装を見てみると、茶色の斑点が付着している。

その異物が、「鉄粉」です。
鉄粉の自動車のブレーキダストで主に発生します。

走行中にまき散らされ、静電気を帯びたボディーに付着します。
自動車自体は金属の部品だらけですので、走行中に摩耗する箇所から

鉄粉が発生しているわけです。
鉄粉が付着すると洗車ではなかなか落ちません。

その理由は鉄粉の粒子が尖っているため、付着すると塗装に刺さるからです。

さらに刺さった鉄粉を洗車スポンジでこすると、塗装被膜に埋まっていきます。
ざらつきが気になり洗車をしたことで、かえって症状が悪化するわけです。
しかも、その鉄粉に水分が含むことで錆びてしまいます。

茶色の斑点は、「錆びた鉄粉」です。
そのまま放置すれば塗装膜(クリア)を突き破ってボディーまで浸透します。

サビが拡がり変色など、塗装の寿命も縮めてしまいます。

鉄粉の付着しやすい場所・環境

自動車以外の発生箇所として電車があります。
特に線路などで停車している時に付着している思われます。

線路のある高架橋下も最悪です。

また、鉄工所などの工場など工場地帯も発生箇所です。

ご自宅が道路沿い、または線路付近に駐車場があれば、
駐車しているだけで鉄粉が積もってしまいます。

交通量の多い国道や、トラックなどが行き来する工業地帯などは
鉄粉の量は極めて多いです。

あっという間に鉄粉が付着しザラザラになります。

鉄粉の除去方法について

車の塗装に深刻なダメージを与える鉄粉はきれいに除去は2種類あります。

鉄粉除去用の粘土クリーナーと鉄粉除去剤(ケミカル)です。
ここでは簡単な概要を説明します。

具体的な作業方法については、別ページ「鉄粉除去の方法(解説)」を
後ほどアップします。

■粘土クリーナーによる鉄粉除去

洗車で完全に汚れを落とした後、鉄粉除去用の粘土クリーナーを使用します。
突き刺さって付着した鉄粉を、粘度の粘つきで剥がすイメージです。
水をたっぷり流しながら、水膜が切れた箇所から処理します。

初めて処理をした場合は、表面が黒くごっそり鉄粉がくっついています。

手で触れればざらつきがなく、ツルツルした塗装が確認できます。

粘土クリーナーで処理することで、鉄粉は確実に除去できます。
但し、デメリットがあります。

粘土クリーナーで鉄粉処理は、丁寧で慎重な作業を要します。

説明ほど簡単ではありません。

水を流さない状態で粘土クリーナーをかけると擦り傷が付きます。
ゴシゴシ擦れば粘土に鉄粉が混じっている分、かえって悪化します。

どんなに丁寧に作業をしても細かいスクラッチ(擦り傷)は確実に付きます。
黒などの濃色車は意外と目立ちます。
粘土クリーナーでの処理は慎重な処理を要する点では初心者には不向きです。

さらに、たっぷりと水を掛け流すスペースが必要になります。

■ケミカル・スプレー式鉄粉除去剤による除去

粘土クリーナー同様、洗車をした後の濡れた状態で使用します。
スプレーで吹きかけ、水で流すだけに簡単な作業です。

ボディーに傷が付きませんので、初心者の方にはお勧めです。
但し、突き刺さった鉄粉を削ぎ取る粘土よりも効果は極めて薄いです。

完全除去はできません。
完全除去をしたい場合は、ケミカル使用後に粘土処理する必要があります。

ケミカルの効果で鉄粉が柔らかくなるため、粘土使用のスクラッチも減ります。
相乗効果は期待できますが、その分手間と費用が重なります。

さらに気をつける点があります。

スプレーで吹きつけた後、長期放置や乾燥させると塗装に痛めてしまいます。
フロントガラスなど塗装以外の箇所に吹きかけ放置すると、変色する恐れがあります。

十分すぎるくらいたっぷりとすすぎ、完全に洗い流して下さい。

鉄粉を防ぐ方法は?

上記で説明したように、鉄粉を完全に防御する方法はありません。
鉄粉は特殊な「汚れ」であるため、予防するしかありません。

出来るだけつきにくくするという点はございます。

ガラス繊維系やガラスコーティングのような無機質な被膜が効果的です。
圧倒的に鉄粉付着防止性は高いです。

当店では「メンテナンスリキッド」というシリコン系のメンテナンス剤があります。
洗車後の拭きあげ時に、クロスの吹き付ける簡単作業のメンテナンス剤です。

ガラスコーティングの犠牲被膜で、半年くらい効果が持続します。
艶はもちろん、触れれば驚くほどツルツルに仕上がります。

摩擦を抑えることで、埃に付着を抑えます。
鉄粉にも効果的です。

もっとも予防に効果的なのは、洗車の頻度を高くすることです。
コーティング剤に依存するよりも効果的なのは間違いないですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー記事一覧

  1. ブレーキトラブル
  2. IMG_3037
  3. line_img

カテゴリー記事一覧

  1. ブレーキトラブル
  2. p1 (1)
  3. heater_img
PAGE TOP